ロゴ

裸の写真売りますって変態エッチがしたい女

裸の写真


べつに統計をとったわけではないので正確なことはわかりませんが、個人的に出会い系に集まってくるのは「変態」もしくは「変態傾向の強い人」が多いような気がしています。

もちろん私もその一人です(笑)。

なぜ、変態なのか、というと多くの変態はなかなか「たりらりら〜。じつはあたし、変態なんでちゅー」という風に気楽に自分の変態性を世間に公表できないからです。

なので変態である私ですらリアルな世界で暮らしている限り、誰が変態で誰がノーマルなのかよくわかりません。

つまり、リアルな世界で変態同士が出会う確率ってもっっっっっのすごくレアなわけです。

変態というのは哀しいことにノーマルなセックスでは性欲を解消できません。変態同士でぐちょぐちょの変態的プレイをしないとすっきりできない生物なんです。

なのでかつてのリアル世界の変態は、なかなか自分に合った変態パートナーをみつけられずにいつも欲求不満に苦しんでいました。

そこに出会い系というネット空間が出現したわけです。

出会い系空間というのは、リアルとは逆に、「名前と顔」だけは伏せておきながら、「自分の変態性だけをさらけだすことができる世界」なわけです。

つまり、変態は出会い系にさえログインすれば、「より自分に適した変態」を選べるようになったわけですね。

変態にとってこんな素晴らしい世界はありません!

前置きが長くなりました。

今回はわくわくめーるに「変態エッチがしたい」と投稿していた女子のご報告です。


裸の写真の写真


その彼女は27才のOLさん。

メールをやり取りしてわかったのは、彼女がかなりディープな「野外露出趣味」の持主だということでした。

小学生の高学年には、すでに自分は「恥ずかしい行為に興奮する」ことを自覚していて、中学生になると誰もいない放課後の教室でオナニーまでしたこともあるんですって。ぜひその光景を覗いてみたかったものです(笑)。

で、私はというと「露出強要」させるのが大好きな変態なんですね(笑)。

と、まあ、事前に理想的な変態カップルであることを確認した私たちは、エッチ前提で会うことになりました。

待ち合わせ場所に現れた彼女はもちろんノーパンです。


セフレの画像


それから2時間ほどは、都内某所で彼女と二人「露出ツアー」を満喫しました。

しかし、すでに露出経験が豊富な彼女は、そんじょそこらのやわなプレイでは興奮しない体質になっていました。

なので、路線バス内での「隠れオナニー」とか、デパートの非常階段での「バック挿入」とか、私でさえも心臓が縮むようなきわどい野外プレイを連続しておこないました。

もちろん最後に興奮しきった身体を鎮めたのはラブホです。ハメ撮りプレイです。

彼女はゆくゆくはハメ撮り好きの変態と援交してみようと思っているらしいです。

いまでもリクエストがあれば、ネットで自分の裸の写真(ってそれはオマンコ写真ですが)を売ったりしているんですって。

じつは彼女は某有名都市銀行にお勤めの、優秀な銀行員なんです。

変態プレイを愉しむのはいいですが、くれぐれも自分の正体がネットに流出しないことを願っています(笑)。



セックス好きの女性が多いサイト

※LINEのIDを交換する事で併用できるサイトです。初回無料ポイント付のサイトばかりです

>> 管理人の最近のハメ撮り写真(鮮明な画質です)

Copyright © セックスしたい男女のSEX情報 All Rights Reserved.